コメント: 0

地域活動支援Ⅲ型とは

地域の障害者のための援護対策として地域の障害者団体等によって、適所での援護事業(以下「小規模作業所」という。)の実績を概ね5年以上有し、安定的な運営が図られていることが必要です。

このほか、自立支援給付に基づく事業所に併設して実施することも必要です。職員については、基礎的事業による職員うち1名以上を常勤としますが、基礎的事業における職員配置は、2名以上とし、うち1名は専任者となっております。利用者数等については、一日あたりの実利用人員が概ね10名以上でなければなりません。