コメント: 0

地域活動支援センターとは

地域活動支援センターは、障害者自立支援法に基づき「地域生活支援事業」の一つとして2006年10月から制度化されました。実施主体は原則市町村で、通所の障害者らに対し「創作的活動または生産活動の機会の提供などを行う」とされています。事業者はNPO法人などの法人格が必要。補助金には国庫補助部分もあります。支援法の生活介護は、障害を6段階に分ける「障害程度区分認定」を受ける必要はなく、利用料の原則1割負担も基本的にありません。

目的

心身に障害がある方でも、住み慣れた地域において可能な限り自らの意思でその人らしく自立した生活ができるよう、社会交流の促進、創意的活動、生産活動の機会を提供し、社会的孤立を防いでいくことを目的としています。