コメント: 0

理事長挨拶

障害を持っている人は、「なかなか外に出ることができない」、「人と接することが苦手」、「友達が欲しい」といった悩みを抱えていると思います。そのような悩みを抱えながら地域で暮らす障害者の方が、自由に集い、いろいろな活動ができる場として24年2月に印西市高花に障害者 のための日中のサロンとして『コミュニティサロン"フォレスト"』を開設しました。このサロンは人との関わりをもちづらい障害者が家庭から出て社会参加し、仲間との交流する場として、創作活動、生産活動、レクリエーションの機会を提供していきます。このような活動を行うため、ボランティアの人がサポートするほか、専門的知識を持った人、ピアカウンセリングを行う障害者をスタッフとして配置します。現建物は集会所として使われていたもので、改修し完全バリアフリーとなっています。24年4月から地域活動支援センターとしての活動を始めました。